9/8(土)筑波ツーリスト・トロフィーinSEPTEMBER。レポート。

昨日(9月8日)は、筑波ツーリスト・トロフィーのレースサポートに行ってきました。
昨年の9月と今年の4月は、ライダーとして参加しておりましたので
純粋にサポートをするのは1年振りで楽しみで前日なかなか寝付けず現地で仮眠を取ることに…。(笑)
さて、レースはどんな楽しいことが待っていたのでしょう。


KTMテントブースは390/250CUPがフルグリット近くの台数で
B.O.T.T、TN1とエントリー台数が多くKTMテントは、満員でした。
オーナー様が想い想いに作成したレーサーが集結するKTMテントでは、
普段、目にする車両とは違うKTMの車両が見れます。
時間が空いている時に回って見ていましたがそれぞれ違うパーツが付いており、
タイヤやサスペンション、ブレーキ、マフラー等、色々なものが見れます。
レース観戦だけではなくパドック内も楽しめる見所のある場所です。


お昼過ぎから雨予報だった筑波ツーリスト・トロフィーのレース結果は…。


TN1のクラスにエントリーされている長谷川選手
予選後に「今回はタイムが出てない。」と言っておりましたが
決勝では、見事なロケットスタートでホールショット決め、
その後、トップを譲らず逃げ切り見事な優勝でした!


優勝おめでとうございます!
昨日は、優勝の美酒に酔われたのではないでしょうか?(笑)


続いては、NT1クラスにエントリーされている門間選手
グリットは、6番手。
前回、優勝したレースと同じグリットでいい予感??
レース前に僕が送った言葉は「真ん中以外は認めません。」(冗談です。)
スタートで少し出遅れましたが着々と追い上げライバルを抜き、
クラストップでチェッカーを受け、長谷川選手に続き、見事な優勝でした!


前回に続き、2連勝の優勝おめでとうございます!




続きまして、390/250CUPにエントリーされている松本選手、池田選手、渡辺選手
松本選手は、スタートから4台で連なるトップグループで激しいバトルを繰り広げ、
トップグループは、終始、熱いバトルを繰り広げておりました。
賞典外となってしまいましたがレースお疲れ様です!
池田選手は、スタートで順位を落としてしまいましたが着々と追い上げる走りで
前を走る車両の転倒があり、3位表彰台でした!


表彰台おめでとうございます!


渡辺選手は、自身初のレースでした。
車検前のちょっとした問題のドタバタから楽しくサポートさせて頂きました。
初レースは、ライダーもピットクルーも初めて尽くしで解らない事だらけです。
ここは、人手でカバーします。
無理を言ってNT1走り終えた門間選手に手伝ってもらいました。
予選、決勝と走り切り、初レースお疲れ様でした!


最後のレースは、B.O.T.T(WCT)クラスにエントリーの戸田選手
当店で作成する1290SUPERDUKERは3戦目となりました。
時間を見つけては、車両のセットアップを繰り返して来ました。
今回のレースは、前戦で改善点を修正して臨みましたが結果は、惜しくも4位。
強者揃いのB.O.T.T(WCT)そう簡単には勝たせてもらえません…。(笑)

レースの模様は、動画を作りましたので、是非、見て下さい!

↓画像をクリックでも見れます。↓

筑波ツーリスト・トロフィーにご参加の皆様、お疲れ様でした!
今年の筑波ツーリスト・トロフィーが終わり、
来年の筑波ツーリスト・トロフィーが始まりです。
来年に向けて準備開始です。




inamori

コメント