KIDS TRAINING BIKE MINI SX [ 3PW1872800 ]について


店頭、WEBSHOPでのご注文、お問い合わせが多い、

KIDS TRAINING BIKE MINI SX [ 3PW1872800 ]についてお話をさせて頂きます。

今回は、注意点、組み付け方法をご紹介致します。




箱を開けて頂くと組み付けマニュアルが入っています。

今回は、マニュアルの手順に従ってご紹介しますが手順が前後するのは問題ありません。

備え付けの工具で組み立て可能ですが下記の工具があると組み立てが楽になります。

・15mmのソケットレンチもしくはコンビネーションレンチ
・プラスチックハンマー
・プラスドライバー
・ラジオペンチ




それでは、マニュアルに従って作業してきましょう!

箱を開けます。




早速ですがフロントホイールを取り付けます。




ホイールのシャフトに付いているナットを緩め、フォークに組み付け、センターを出しながら締め付けます。

下の写真のようにセンターを出して締め付けます。




次は、ハンドルを取り付けます。




フレームのポストに差し込み、ハンドルが抜けないところまでクランプを締めます。

ここで注意点になります。

ハンドルポストに付いているクランプは、ハンドルのクランプだけではなく、フォークが抜けないようにストッパーの仕事をしています。

ここのクランプを取り付ける時は、クランプを下に押し込みながら取り付けて下さい。

押し込まず取り付けると隙間が出来てガタガタするようになってしまいます。

写真のように奥まで入っているのが好ましいです。




ハンドルを取り付けた後は、リヤホイールを取り付けます。

フロントホイールと同様にセンタを出しながら締め付けていきます。




次は、シートの取り付けになります。

ここでシートポストにクランプをつける際に注意点がございます。




クランプは取り付ける上下方向があります。

写真のクランプの上下方向は、上側は下(フレームに取り付ける側)になります。

クランプの内側にストッパーがある方が上(シート側)になります。

内径が細い方が上、内径が太い方が下になります。




クランプをフレーム(シートポスト)に取り付ける際は、ボルトを緩めた状態で

クランプを少し広げながらフレームに取り付けて下さい。

スリットが入ってる横に引っ掛けてから押し込むと簡単に取り付けが出来ます。






クランプを広げても入らない場合は、ハンマー等で軽く叩いてあげると取り付けが出来ます。

それでも入らない場合は、フレームのスリット部が少し縮めて下さい。




シートの取り付けが出来たらほぼ完成です!




次は、ゼッケンプレート、ハンドガードの取り付けになります。

ゼッケンプレートはベロクロで留めるだけです。

ハンドガードを取り付ける前に一度ビスを締め込んでから取り付けるとビスが閉めやすくなりますので参考にして下さい。

受け側の部品をペンチで挟んで保持してあげると空回りせず締め易いです。




ビスを締め込んだら一度、ビスを緩めハンドルのエンド部の穴に差し込みビスを締めれば完成です。






キッズトレーニングバイクの組み付け、注意点は以上となります。

その他に何かご不明な点、ご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい。



inamori

コメント