11/8(日) JNCC 最終戦レポート

JNCC最終戦、レースサポートに行ってきました。

「ダートスポーツRT with KTM中野」ライダー矢野和都選手のサポートも3年目になりました。

最近はロードレースのサポートが多くエンデューロは久しぶりとなりましたが、現場は、やはり楽しいですね。

さてレースはというとJNCC最終戦はAAGPとも呼ばれる1年を締めくくる大イベントです。

レース当日朝からシトシト降り続ける雨でマディコンディション。


ほおのき大会でのマディコンディションのセッティングを失敗したことを教訓にあらゆる箇所に対策をしていました。

レースはスタート後、GNCCからの外国人招待選手2人を逃がしてしまうものの、日本人トップの3位でレースを組立てていきます。

降り続ける雨で目まぐるしくコンディションが変わる中、激走をみせるIAカズトですが徐々にペースが落ちていきます。


今年の開幕から作り上げてきたサスペンションセッティング「カズトスペシャル」は、どうもマディでは相性が悪く、コンディションの悪化とともにカズト持ち前のスピードをも奪っていきます。

マディ用に対策したハンドガードも片側なくなってます。3時間(COMPクラスのレース時間)が短縮され2時間半のレースになりましたが、このレース中にタイムを落とさずに乗りやすいバイクを作ることは本当に難しいです。

特に今年はベースマシンである350EXC-F SIXDAYSのサスペンションセットを大きく変更しカズトセッティングを作りましたが、ドライコンディションでは効果を発揮するもののマディとなったレースでは苦戦を強いられた印象でした。


結果、総合5位。AA1クラスでは2位でしたが不満の残るレースとなってしまいました。戦略でもミスもありました。

2015年のJNCCもこれで終了。ランキングでも恐らく3位と思います。

エンデューロに関して全くノウハウのなかったKTM中野でしたが3年の活動で、なんと3位になることができました。

これは今まで文句もいうことなく、ずっと当店で走ってくれたIAカズトに感謝です。

2013年ランキング5位、2014年ランキング4位、そして2015年ランキング3位(多分)。。

僕らは一段一段階段を上っていくしかないかもしれませんね!!

素晴らしいライダーとレースに取り組めた事、そして沢山の方に応援やメッセージいただいていることに感謝申し上げる次第です。

今年1年、ご声援ありがとうございました。

nyunoya















コメント