EXC 2stセルモーター廻りのお掃除を!

セルモーターは必需品!!と思う方も沢山いらっしゃると思います。

よくお話しのある2st EXCのセルモータートラブル。「セルボタン押した際に空回りするのですが・・・」とご相談いただく事もございます。

基本的に2サイクルモデルにセルモーターは4サイクルのようにキャブレター下等に埋め込まれている訳でなく、外から追加で装着されたような造りといえばよろしいでしょうか?


では作業を始めていきましょう(*^_^*)今回は125EXCにセルを装着した楽さんの車両のメンテです。当店125EXCにセル装着化の際に相談に乗ってもらった楽さんであります(*^_^*)



構成部品は上記の感じ①セルモーターの力を③のギアで回転角度を変換し②のBENDIXに力を伝え、フライホイールと同軸のギアを回転させクランクを回すという仕組みです。

トラブルはたいてい②のBENDIXが原因です。BENDIXはセルが回った時だけギアが飛び出しクランクを回転させようとします。


これがBENDIX


見にくい写真になってしまいましたがマイナスドライバーの先端、BENDIXギアとフライホイールギアがこの写真では噛み合っていないのが解るかと思います。セルが回っていない、すなわち走っているときはこの状態です。

そしてセルを押すと


上記写真のようにBENDIXギアが飛び出しフライホイールギアと噛み合いクランクを回すというのが2st EXCセルの構造です。

トラブルの原因はBENDIXギアの動きが渋くなりセルを回した際にギアが飛び出さないケースがあるという事です。

よくあるのがグリスの塗りすぎ等がトラブルの原因だったりしますね。

それに


密閉してあるセルやフライホイール回りもホコリ等が混入してしまい異物が引っかかる事もあるかもしれませんね。

トラブルを起こさないようには定期的な掃除をしてあげることです。ちょっと面倒に見えるかもしれませんが慣れると30分かからないです^-^)

それとグリスの塗りすぎには注意です。でもグリス切れも怖いのでやはり定期的にメンテナンスしてね!という事でしょう。


セルの掃除の際に必要なガスケット類。はずす時によく切ってしまうのですね!ガスケットを上手にはがせて再利用できればラッキー!切ってしまっても交換できるように2stユーザー様は予備で持っていても良いパーツかもですね!

走る頻度やコースにもよりますがギアオイル交換サイクルくらいでは点検してあげると良いかもですよ♪

nyunoya











コメント