2014年5月30日金曜日

6/28,29の筑波サーキットはKTMのお祭りですよ!その4



筑波ツーリストトロフィーに参戦するため、テストを繰り返しています!

690DUKE Rでは今回だけのスポット参戦。テーマは車両の特徴を活かして低コストで楽しめる車両を作る事!

ライダーは金 栄得選手。

僕が地方選手権に参戦してた2000年前後でブイブイいわしていた、僕にとって憧れのライダーです!
気さくなライダーさんなので690の事や筑波の攻略法等、気軽に聞いてみて下さい!


このTN1クラスで連勝中の織田選手も一緒でした!


そして長谷川さんも♪



テストも上々で6秒前半までタイムアップすることができました。まだ詰める事が沢山ありそうですが、この日はトラブルもあり終了。

この筑波ツーリストトロフィーはKTM乗りには夢にようなお祭りレースです。ご自身で乗られている車両達がレースマシンにするとどのような仕様になるのか?

この日は車で一緒に移動して一泊二日の観戦ツアーも用意します!

人数も集まってきましたよ(^-^)夜は宿泊で宴会です。これが一番楽しみだったりして(笑)


是非KTM乗りな皆さんで応援に行きましょう!!!詳細は丹生谷(にゅうのや)まで!

nyunoya








2014年5月24日土曜日

6/28,29の筑波サーキットはKTMのお祭りですよ!その3


KTM CUPのお祭りまで1ヶ月ちょっととなってきましたね!KTM中野、690DUKE Rもサーキットで練習して準備してます。

一通りのパッケージも決まり各部品のテストとセットアップを含めて走り込んでますが、良い方向性も見えてきたな!と感触ありですかね!

エンジンには手を入れません。あくまでストリートカスタムの延長ですし、やはりユーザー様が作れる690DUKE R作りが今回のコンセプト。


ラピッドバイクのオートシフターです。細かいパーツですが、ライダーのストレスをかなり軽減してくれますし、タイムというよりシフトアップを気にせず走れるメリットは大きいかと思います。


オートシフターと併用して取りつけているのがBABY FACE バックステップキット。ホールド製が高く、ポジションも変更可能なのでライダーの好みに合わせる事が可能です。実際ポジション変更しただけでテスト中タイムも上がりました。やはりライディングポジションは重要ですよ(^-^)


ポジションの事でもう一つ工夫したのが、このハンドルスタビライザー。ライディングポジションがかなりコンパクトな690DUKEはストレートで伏せた時に窮屈なポジションだったりします。これを解消するために目いっぱいフロントタイヤ側にオフセットしてます。この商品は流石に売れないと思うので受注生産です。ハンドルバーも選ばないとハンドルを切った時に当たってしまうのでご注意を。


使った人はみんな買っていってしまう(笑)ジートライブ製のクロモリアクスルシャフトです。とても怪しい部品ですよね(笑)でも、この部品でかなり助かっています。ブレーキングやマシン倒し込み時にストレスなく走れるようになるので、フロントフォークの動きが解り易くなってセッティングが容易になりました(^-^)流石、足廻りのスペシャリストが作ったパーツです。

http://www.ktmnakanoshop.jp/product/1276

こんな事しかしてないの?と思われそうなくらいの小モディファイですが、もとのバイクがよいのでほとんどレースだからってする事がないです(^-^)よってコスト的にも助かる訳です(笑)

先日のテストで1分7秒前半。ライダーもそれ程無理してない印象だったので6/28のお祭りまでにどこまで詰めれるかな??

nyunoya