2014年3月30日日曜日

6/28,29の筑波サーキットはKTMのお祭りですよ!


筑波ツーリストトロフィーに顔出すようになってからどれくらい日数経ったかな?KTMのイメージではまだ日本でロードレースをするようなKTMユーザー様はそれ程多くなかったように思います(*^_^*)

ただ690LC4は本当に楽しいバイクだし、もちろんSUPER DUKEやRC8もイメージはまだ定着していないかもしれないですが、サーキットで遊ぶにも素晴らしいバイク達です。そして近年ではSMALL DUKEの存在。リーズナブルで遊び方は多種多様。そんな素晴らしいバイクがいっぱい溢れてます。オレンジには!


そんな月曜日の定休日を使ってテストに行ってきました!といっても遊び9割、テスト1割ってとこですかね??


ミニサーキットなので2,3速で走るような(LC4では)コースですが、体への慣らしにもなるしテクニカルなコースはスピードも低いゆえに安全で色々な事を試せます♪


690DUKE(STD)だとああだねー!やおっDUKE Rだとこれがこーであーなる訳ねーとか春の訪れを感じる晴天なポカポカ陽気を満喫しましたよ♪

今回のブログの内容に戻りますが6/28,29は筑波ツーリストトロフィーです。つい先日も開催されたこのレースの2014年度の2戦目になりますがこの日はKTMのお祭りになります。

3/15(土)のツーリストトロフィーのブログはこちら

6/28(土)には、「KTM CUP」が開催されます。これはLC4(600cc)とLC8(900~1300cc)をリザルトはもちろん別になりますが、混走のレースになります。

もちろん今までのTN1(LC4シリーズが参戦のクラス)は6/28に開催。BOTT(RC8やLC8系のクラス)は6/29に開催されますので乗っても(出場という事)見ても満喫できてしまうという訳ですね!!

KTM CUPの詳細はこちらから

そしてそして、もう一つの目玉は6/29に開催のKTM ENDURANCE CUPです。125DUKEと200DUKEの90分の耐久方式のレースになるそうです。最大3名のライダー構成がOKでお友達と一緒になんていうのももちろんアリだと思います。

KTM ENDURANCE CUPはこちらから

素敵な2DAYSになるのは間違いないでしょう!このように元気のある楽しいメーカーさんはホントに素晴らしいですよね!

中野店は草レース的なこのイベントが得意になってきていて沢山の方がエントリーされるようです。もちろんメンテナンスや車両作りの相談もお任せあれ(^-^)

でも、やはりレースって速い人が出るんでしょ??なんて方もいらっしゃると思いますし正論だと思います♪

でもね、いつも自分たちが走ってる車両達がとんでもないスピードで走るのを観るだけでもテンション上がるわけですよ♪

ちょっと観てみたいな~なんて方はご一緒に観戦に行きませんか?2DAYSイベントなので土曜日の夜はライダー交えてちょっとしたパーティになるかもしれませんね!1泊2日のオレンジに染まるちょっとした異空間をご一緒しませんか?

観戦の方はゆっくりとお過ごしいただくかつ、KTMレースを楽しく感じていただく企画です!是非御一緒にいかがでしょう??

きっと楽しい2日間をお過ごしいただける事と思ってますので是非丹生谷(にゅうのや)までご連絡下さいね!

このイベントにはかなりテンション高い丹生谷からでした♪

nyunoya

2014年3月22日土曜日

愛車との接し方

JNCC開幕戦と筑波ツーリストトロフィーが終わりましたが本日はKTNITE。

KTNITE詳細はこちら

そして来週はというと東京モーターサークルショー。もうバタバタです。

JNCC開幕戦は4位という結果でしたがIAカズトも今年のマシンは相当気に入ってるみたいです。そして僕もこの350EXC-Fには愛着を持っています。

久しぶりなんですね、ここまでしっかりとマシン作りをしたのって。はずしていないボルトはないんじゃないかな?というくらい分解してますし!まぁレース車両なら当たり前かもしれないけど、なかなかそこまでは時間の余裕を考えても難しいものですね。


今回はマシンをあーしたこーしたではなくオートバイとの接し方のお話し。

僕も愛着を持っている350EXC-F SIXDAYSですがここまでいくと、調子が悪くなったとしても、初期症状で感じる事ができるような気がします。過去、整備した箇所から、どのくらい時間が空いてるか?もちろん全部自分で触ってるわけですから、把握しています。

整備していても「あ~、これそろそろ交換だけど、今回のレースでは問題ないからそのままいっちゃおう♪」のような判断ももちろんする時もあります。レース終わってから部品を取り寄せしておいたものが入荷したので今時間あるうちに交換!というケースも頻繁にありますね。

これだけ打ちこんで車両製作したのも、久しぶりでしたので、懐かしい感覚だったのですが、ライダーには「お疲れ様!」はもちろんですが、走りきったマシンにも特別な感情がうまれるものなのですね。何か感謝というか、どのように表現すればよいのでしょうかね?

走り終わったマシンを目の前でフロントフェンダーやシートを軽くポンポンと叩きながら

「お疲れ様!!」

「よく頑張ったな~」
なんてマシンに声掛けしてました。ちょっと気持ち悪いですね??(笑)

皆さん乗られてるKTMにはそんな感情もあると思います。既存のお客様が新車に乗り換えの時でも今まで乗られていた下取り車を入庫の際、お客様が「ありがとうね」とマシンに問いかけたりしてるの見るの僕好きなんですね~。次のユーザーさんもイイ人に嫁がれるといいな♪なんて思いますし。

よくバイクも浮気をするとすねちゃう!なんて話って聞いた事ありませんか?あながち嘘ではないと思うのですがどうでしょう?(^-^)

でもバイクも趣味のものですから、それくらいの(気持ち悪い??)愛着心って持っていても良いと思うのですよね~。

愛着を持っていたり、愛車のコンディションをしっかり把握していると些細な変化にも気がつくと思います。

「タイヤ減ってないかな?}

「チェーン伸びていないかな?」

「なんかシフトの入りが渋くなってきたけどオイル交換したのいつだっけな?」

などなど。なんでも良いと思うのです。マシンをみて感じる事、乗って感じる事。もっともっと愛車と仲良くなって楽しいKTMライフをお送り下さい♪

KTMの場合、メンテナンス状態により乗り味も変わります。お金は確かにかかりますが、オートバイ好きなKTM乗りならきっと納得してくれる費用と思うのです!

オートバイとの接し方によってバイクライフもより楽しくなりますよ♪

nyunoya


2014年3月18日火曜日

筑波ツーリストトロフィー、レポート。




日差しも強くなり、ここ数日暖かくなりました。春はもうすぐといった感じでしょうか?楽しみですね!早く暖かくなってほしいですが花粉はホント勘弁です。

3/15(土)は筑波ツーリストトロフィーでした。この草レースはシングル、ツインエンジンがメインの大人の運動会といった草レースです。参加される方も楽しめますし、シングル、ツインを所有してる方なら参戦までしなくても観戦で楽しめると思います。

大人の運動会といってもそこはレース!おじさん達が真剣にデッドヒートを繰り広げております♪



KTM中野のお客様が多数参戦しているのはTN1(ターミネーター1)というクラスです。このレギュレーションはというと

基本骨格がオフロード用に作られた単気筒マシンで争われるレースです。ロード用に設計されたマシンとは別次元の走りが楽しめます。ストリートクラスとコンペティションクラスに分かれているので参加できる車両は多彩です。TN1は排気量が4サイクルは251cc以上もしくは2サイクルは126cc以上となります。

KTMでいうLC4はこのTN1になります。なので690DUKEやR、SMC Rといったユーザー様が楽しんでおられます。





かっこいいです!長谷川さん!!フォームも綺麗で見ていても熱くなっちゃいますよね~!お疲れ様でした!



2012以降の次世代DUKEのエントリーも増えてきました。レースパーツ豊富なKTMですので安価でサーキットもたのしめちゃいますね!

常勝になってしまってる織田選手です。ホントに速いですね!!優勝おめでとうございます(*^_^*)

リザルトはこちらから


KTM中野で製作した690DUKE Rも展示しました。KTM POWERPARTSはもちろんの事、ラピッドバイクやシフター、BABYFACE様のステップ等を装備しています。もちろん実走テストも行っていてかなり仕上がってきました。皆様の車両モディファイの参考になれば1番ですよね!

そしてそして今回の目玉が話題のNEW MODEL 1290SUPERDUKE Rのデビュー戦です。ライダーは松田光市選手!松田選手はテイストオブツクバでGPZ1000RXを駆ける凄いライダーです(^-^)



先日行われたプロダクトレーニングでは僕も1290SUPERDUKE Rに乗らせてもらったので、松田選手がどれくらいのタイムなんだろう?と興味ありました!さすが松田選手といった走りで、いきなりの1分1秒台はお見事でした。今回は時間なくてテストもままならないみたいでしたがセッティングしていったらどんなになってしまうのでしょうか??スーパーバイクが走る中、一人アップハンドルで捻じ伏せる松田選手はかっこよかったです(^-^)

さてそんな筑波ツーリストトロフィーですが次回は6月28,29日で29日には「KTM ENDURANCE CUP」が開催されます。

出場車両はKTM 125,200DUKE。ライダーは1名から3名以下まで。KTMユーザー様なら今まで以上に盛り上がりそうなイベントですね!

出場されない方でも見てみたいという人の為に車で一緒に観戦に行けないかな?なんて思ってますがどうでしょうかね?

自分で乗ってるバイクがサーキットで走ってるだけで興奮するものです。是非御一緒にいかがでしょう??

興味ありましたら丹生谷(にゅうのや)までお声掛けくださいね!

nyunoya









2014年3月13日木曜日

JNCC 開幕戦レポート!

先々週はいよいよWEXが開幕!そして先週9日はJNCCがいよいよ開幕しました!

昨年に引き続き「ダートスポーツRT with KTM中野」ライダーはもちろんIAカズトこと「矢野和都選手」マシンはKTM 350EXC-FにてAA1クラスにエントリー。

開幕戦にふさわしいハイレベルなデッドヒートの展開になりました!

ここではライダーという視点でなく僕的なチームとしての視点でブログを書きたいと思います。


昨年の350EXC-F SIXDAYSと同様の車体、エンジンで挑んでいます。2013年はKTM中野としても初のAAクラス車両のメンテナンスとIAカズトのコンビという事もあり、思ったようなレース運びができない歯がゆいシーズンを送ってしまいました!

あまりブログや記事にはしませんでしたが2013年AAGP終了後に何度もライダーとは話し合い方向性を模索していました!

やはりレベルが最高級クラスにあるAAクラスで戦うのは容易なことではありません。IAカズトも昨年は、今まで培っていたモトクロスのライディングを封印し様々なライディングを模索するシーズンでした。KTMも初めてのライドだったわけですしね。しかし14MODELに切り替えてから(昨年秋ごろ)バイクメンテナンスしていてもマシンの消耗が極端になくなりました。半年かけて今まで以上にKTMの走らせ方をライダー自信で研究して対応してきたのでしょうね!

その封印していたモトクロス走りができるマシンを作ってみようと挑んだのが今シーズンです。カズトもモトクロストレーニングを相当行っていて体調もベストに持ってきていました。

それが上記の写真。カズトもかっこよく映ってます!!それにバイクもかっこいいでしょ???GNCCを意識した作り込みで、彼の好みの仕様になってますし、完成後に遊びにきてカズト自身このバイクを眺めてたり写真をスマホで撮り、ニンマリしていたのは内緒です(笑)

僕の方も車体、エンジンすべてを見直しました。派手に見える彼のライディングはテストでみると実に繊細なライディングをするのだなぁ。と他の方とはちょっと違う印象を受けました。

ではということで応答性の良いエンジン作りをテーマにしました。ライダーが車体を動かしやすいエンジン特性というのでしょうか?言葉では表現しにくいですが・・・といっても実際、交換したのは消耗品だけです。もちろんガスケットやピストンリングはもちろん、バルブ廻りも消耗が激しいので交換と特別なことはしてません。後はクランクや各部クリアランスの見直し。適正なクリアランスって??と頭を悩ましながらマニュアル値と変えた所もありますが部品は本当にノーマルです。でもね、ガラッとフィーリングも変わりましたよ!フリクションをとことん軽減したイメージが正しい表現かもしれませんね。

350EXC-Fって本当によくできてます(笑)僕なんかがこんな事言うと技術者に失礼ですが(笑)ホントに気になる所なんてないし、手組みで愛情込めただけなんですよねー。。。

でシェクダウンでは、テンション高めでカズトは絶賛してくれました(^-^)嬉しかったですねー!!

エンジンが決まったから車体も詰めていきます!彼らしいモトクロススタイルへのモディファイ。それはリアの19インチ化。これは賛否両論あるのは承知の上ですがやはり旋回性や今まで体に染みついた21,19のパッケージが彼には良いと思うのです。一言で言うとモトクロッサーとエンデュランサーのおいしいとこ取り=カズトの好み(すきやき)といったとこでしょーかね??


僕の得意分野はロードレースなのでやはりクロスカントリー競技の車両作りとはかなり違うかもしれません。いつもお世話になっていますJAMさんに急遽駆けつけパワーチェックに ! 2013年シーズンに使用していたアクラポビッチがボロボロだったので新たに同じ新品に交換したら構造が変わってる。。。250,350が共通になっていてパイ数も細くなっていたのですね。。。サイレンサーの今のEUの排ガス規制が厳しいのか一回り大きくなってるし。。。もう練習する時間もないのでパワーチェックに。でも新旧サイレンサーを試したのですがどちらも全く同じパワーカーブでした。かなり排ガスを意識した設計に変わっていてレースで使用するのに参ったな。。。なんて思っていたのですがそんな心配は無用でした。

ホントにアクラはよくできてるね~とJAMの成毛さんも絶賛!僕の作ったエンジンのパワーカーブも綺麗でお褒めの言葉をいただきました!嬉しい~♪

でもオフロード車のパワーチェックって怖いです。2013年に使用していたちぎれたMX51に(新品なんてもったいないしブロック飛んでいきそう)ムース(熱で溶けたらどうしよう・・・)そしてスポークは1本折れてるなんて事は内緒で。。。でも何もなかったから成毛さん、許して(^-^)

JAMさんホームページはこちら(ラピッドバイクでもいっぱいお世話になってます)

色々な方に支えられ協力いただいてのレース活動は決して一人でできるものではありません。


ダートバイクZIMの水上泰佑選手です。撮影中だったのですが勝手にパチリ。同じKTMディーラーで仲良くしてもらってます。とても気さくで熱心で、カズト号を作るに当たって本当に沢山のアドバイスをもらってます。実は僕、泰佑ファンでしてバイク、ウエア、ヘルメットともちろんライディングに惚れてます♪やっぱレースはかっこよくなきゃ!と自分でも思ってるようで自身でメンテナンスしていますのでマシン見てるだけで愛着が感じられます。ホントにかっこいいですもんね♪もちろんいつもバイクは綺麗です。

KTM JAPAN ボスの野口社長。毎戦走っています。これってホントに凄い事だと思います。自身で楽しみKTMの良さを伝えてくれます。僕も乗らなきゃいかんなぁ~。


IAカズトの結果は4位でしたが素晴らしいレースでした。勝ちたかったし悔しかったけど、ライダー、メカニックともに努力してきた事が無駄じゃなかった。2周目から最後までず~っと4位だったのでリザルトも順位もそれほど目立ってないですが、会場にご覧になられた方はカズトの走りはかなり衝撃だったのではないでしょうか?本当に頑張ってくれました!!キレッキレの走りでめちゃかっこよかったですもんね(*^。^*)

詳細はKTM FUNサイトをご覧くださいませ。

泰佑君は怪我の影響で途中リタイヤでした。弊社のTRACK TRAINING講師のKTM埼玉&スターズトレーディングの石戸谷蓮選手は今年から新クラスのAA2クラスで見事優勝!!お子さんも誕生したばかりで幸せいっぱいだね!しかもお子さんは、うちの奥さんと同じ誕生日だし(笑)

そしてモトビルド神原から200EXCでAA2クラス参戦の萩原真理子選手は負傷リタイヤ。すごく調子がよさそうなだけに残念な結果ですが、持ち前のガッツでまたかっこいい走りを見せてくれるはず。

そんな感じの開幕戦でした!次は広島ですね!またあっという間にレースなんだろな。。。

nyunoya

2014年3月2日日曜日

いよいよ3月!さぁシーズン開幕ですね!


3月に突入ですね!今年は大雪だったりと大変な年です。そして今日も降るなんて予報も??

そんな暖かくなったと思えば寒さがぶり返したりと体調管理が難しい季節ですが、レースも各地で開幕を迎えています。

390DUKEの入荷等もあり大雪で納車が進まず、そしてレースシーズン突入。。。。なかなかな忙しさでございます(笑)

先週もWEX参戦の方の整備だったりと慌ただしい週でしたがレディース90Bで2位入賞という嬉しい報告が♪

おめでとうございます(*^_^*)

いよいよオフロードが慌ただしくなってきました。ふとオフロードコーナーに目を向けると・・・


陳列サイテー(>_<)本日ストックを補充しますね!しかし当店もオフロードユーザー様が増えた証しかもしれませんね(*^。^*)

さて我々も来週に向けて準備しますかねー!!


nyunoya