2014年2月10日月曜日

沢山の方に乗ってほしいバイク690DUKE。

いや~凄かったですね、雪。ここまで積もったのは僕が子供の頃らしく自宅で滑り台作って興奮してたらしいです。そんな事憶えてないのですが・・・


こんな遊びも妄想しない訳ではないですが、我慢です(笑)

そんな天気なため土日もお客様のご来店も少なく、1台車両を作っておりました。

それは690DUKEです。最近は「690DUKE R」の問い合わせが増え、少し日の目が見なくなったこの車両ですが、本当に良いバイクです。大型免許を取って車両選びに悩んでいる方や様々なバイクを乗り継いで、重たいバイクから軽量級にスイッチしたいと思ってる方等、幅広いバイクガイに喜んでもらえる車両と思うのです。

今回製作したのはレンタルバイク車です。より乗り易く初心者の方でも安心してKTMライフを楽しんでいただけるかな?と思い製作しました。それは車高を下げる事の出来る「ローシャーシキット」の組み込みです。


こんな部品をカタログイメージからなのですが実物はかなり違います。
内容はショートサイドスタンド、リアのローダウンリンク、フロントのローダウンキット。とスプリングやインナーカートリッジを交換するものではありません。


 まずはフロントフォークですが作業はかなり大変です。フロントフォークを分解し、カートリッジ内にカラーを入れてショート化するのですが分解がかなり大変で・・・


ホントに大変なので特殊工具を作成しての作業です。チラリと移ってしまった690DUKE Rが今回の車両と対照的なレース仕様車でなにか主張をアピールしているかのような(笑)

ショート化したフロントも取り付けていきますが、KNS(KTM NAKANO SHOP)としてオススメがステムベアリングのグリスアップです。もともと少し硬いグリスが純正では組まれているのですが、KNSでは滑りもよく柔らかいグリスを入れ直します。これにより柔らかいしなやかなハンドリングが得られます。たかがグリスと思われがちですが、御自身のバイクをこの整備するだけで生まれ変わるのですよ♪

グリスアップ作業については過去のブログで紹介していますのでよろしければご覧下さい。

過去のブログはこちら

リア廻りについては、リアショックを何かするというものではなくリアリンクをローシャーシ用に開発された商品に交換します。先程のグリス作業はリアも同様でリアリンクのベアリング、スイングアームピボットのベアリングもグリスを塗り直しています。

そしてサイドスタンドを車高の下がった仕様にショートサイドスタンドを組み込んで作業は終了です。

ではどのくらい変わったか?写真で25mmローダウンを見てみましょう♪


175cmと平均的な身長の私ですがノーマルの690DUKEの足付きはこのようなつま先立ちになります。


では先程作業を行ったローシャーシ仕様の690DUKEです。足付きはみての通りですね(*^。^*)これでメーカー設定では25mmのローダウン化になってます。

その他KNSで作業した690DUKEはまもなくレンタルバイクで貸出可能になります。今690DUKEに乗られている方、これから690DUKEご購入を考えられている方に是非体感していただきたいですね!

これからレンタルバイクのご案内は近いうちにいたしますが、待ちきれないという方はお問い合わせ下さいませ。

お客様ご自身に合ったKTMライフをお楽しみくださいませ♪

nyunoya






0 件のコメント:

コメントを投稿