2013年11月21日木曜日

2013 JNCCを終えて・・・

最終戦の爺ヶ岳。外国人選手も参加する最終戦は実は相当気合入ってました。

今のクロスカントリーの盛り上がりは凄いですし、IA KAZUTO & '14 350EXC-F SIXDAYSは相性も良かったですから。前々回の糸魚川でも今期初表彰台とバイクもライダーも進化しての最終戦だったのですが・・・

結果はかなり悔しい結末でした。やはりレースは難しいですね!KTM 4サイクル勢は冷却系のトラブルに悩まされた大会になりました。今回、来日したロリーミードもそうですし、カズトもです。

カズト&350EXC-Fは途中でエンジンストップ。オーバーヒートを繰り返し、なんとかピットには帰ってきましたが、最前線に姿はもうありませんでした。。。ロリーミードも水が吹いてしまったり、その他トラブルも発生し、KTMピットは静まりかえってました。。。

そんな中、当店お客様がCOMP Bクラスで優勝!!これはホント嬉しかった(*^_^*)

カズト号にトラブル発生で順位が落ちた時は気が抜けたのと、疲れで座り込んでしまったのですが、ふと隣をみるとロリーミードのメカニックと一緒に体育座り(笑)そんな状態が可笑しくて二人で苦笑いなんかしたりと。。。

なんとかピットに帰ってきた時にラジエター液は、もうほぼ空っぽ。終わったな、エンジン。。。そんな感じなのですが、エンジン自体は元気なんですね??普通そんな状態だったらシリンダーがひずむのは当たり前なんですが。。。KTMってどんだけ頑丈なんでしょうか?

レース後、カズトもテストで何度か走ったのですがどうもバイクの調子が悪い。。。
各部を見直し、色々調べてみたところ原因が・・・


ウォータテンプセンサーという物で、サーモスイッチとは別に水温の管理センサーがあるのですが、このセンサーの破損が原因でした。カズトも僕もオーバーヒートが原因とばかり考えていたのですが、このセンサーが何かの影響で破損したようで、たまに接触が戻ったときにエンジンがかかるといった症状だったようです。エンジンがかかっている時はメーターにエラーランプが出るものの、そのまま走れるのですが、一度エンジンストップしてしまうと、このセンサーからエラー信号を発信してしまいエンジンがかからなくしてしまうようで、解りにくいトラブルでしたね。

今時のインジェクション車両ならではのトラブルですよね。もしこれがなかったら・・・タラレバで考えてもしょうがないですが、考えてしまいますね。。。。


~1年を振り返ってみて~

このような最高峰クラスのメンテナンスを請け負う責任の重さも感じる仕事なので、シーズン最初は本当にこのような大役を受けてよいものなのかと考えていました。メンテナンスが大変なのはもちろんですが、正直クロスカントリーやエンデューロは当店には、あまりノウハウがなかったですから。KTMの大きな看板も背負うわけですしね・・・

カズトも初めてRIDEするKTM 350EXC-Fということとノウハウの無い中野店という事もあり、前半はなかなか結果に結びつかずでした。でも彼は嫌な顔一つせずに明るくお店に足を運んでくれました。人間的にも素晴らしいライダーです、彼は。

今年はストリートモデルにも人気の火がついたKTMは納車や修理等の通常業務に追われる毎日。その中でのカズト号のメンテナンスは大変でした。

あっと言う間に前半戦が終わり、JNCCも夏休みの折り返しの期間にカズトに言いました。「迷惑かけてごめんね!前半がこんなだし、今年はちょっと難しいから、マシン製作に専念しない?」と。

9/1の東北スプラッシュ月山までは'13MODELでその1週間後には14MODELに切り替え、新しいパッケージで再スタートとなります。

ライダーとしては嫌だったと思います。折角半年と少しでやっと慣れてきたバイクを「変える!」と言われるのですから。

でも2014MODELは基本的には2013MODELの進化版。彼の素晴らしいライディング技術ですから14MODELを乗りこなすまでに時間は、それほどかかりませんでした。

'14 350EXC-F SIXDAYSのシェイクダウンで糸魚川の前には勝沼テストで一日セッティングを詰めました。ポジション、足廻り。カズトと組んだのも2013年、年末からでしたが、この時までマシンに対しての要求はほとんど言ってこなかったのですが、この勝沼では、色々とライダーとしての意見をぶつけてきます。恐らく今までは気を使っていたのでしょうね!

彼のライディングスタイルと350EXC-Fの良さが少しずつ噛み合ってきているように感じる充実したテストでした。もちろんベースはそれほど手を加えていない350EXC-Fですが、ポジションやセッティングは大幅に変わっていきました。

そして9/29糸魚川。今季初の表彰台GET。この時、お店からリアルタイムで見ていたのですがホントに嬉しかったですね!

最終戦は残念だったのですが、このブログを読んで頂いた方には確実な進歩を感じていただけると思うのですね!今回もスタートでは出遅れたものの、2週目にはかなり挽回してましたから。

カズトとのコミュニケーションも夏を過ぎてからかなり深まりました。JNCCが終わって1ヶ月も経過してないですが来年のプランと方向性も話し合って決まっています。

今年はシーズン終了しましたが、発展の途中で彼が一度、乗るたびにバイクもライダーも進化してる最中なのです。

僕は壊れないマシン、疲れないマシン、カズトが乗りやすいマシンを作ること。カズトはライダーとしてのスキルを今まで以上に上げる事。もう3月の開幕に向けてうちらは動き出してますから。

今年は業務も立て込んでおり、AAクラスのライダーを預かる立場としても最終戦しか同行できませんでした。これでは駄目ですよね?

JNCCに参戦する当店のお客様も沢山いらっしゃいますし、KTMで参戦してるお客さまも沢山いらっしゃいます。

そのような皆様がKTMでよかった!と思うサービスとレースの楽しさを皆様と共有できるよう、どのようなサービスができるか当店としても考えておりますので、来年はJNCCでお会いしましょうね(*^_^*)

今年1年間ありがとうございました!まだ三宅島が残っています。カズトも参戦予定ですので応援宜しくお願いいたします!

nyunoya

2013年11月16日土曜日

様々なレースでKTMなお客様が活躍されています(*^_^*)

いきなり寒くなりましたね!もう11月半ば。12月はまた忙しくなりますね~!!

この気候になるとお店も少し落ち着いてきました!冬はオフロードなイベントを沢山考えていきますので是非お付き合いくださいませ♪

まだ残ってるレースもありますが、シーズン終わりに近くなり、少しさびしさも感じます!

今年もKTM中野でお世話になっているお客様が活躍してくださいました。ホントに嬉しいですね!ここ数カ月の成績です。


JNCC最終戦、爺ヶ岳。この日の爺ヶ岳は非常に荒れたコンディション。当店お客様のY様。この荒れたコンディションの中、COMP Bクラスで見事優勝を飾りました!また、総合でも14位!現場にいた僕も熱くなり応援してました(*^_^*)マシンは'13 250EXC SIXDAYS


こちらはSUGO 6時間耐久レース オープン4時間耐久レースに参戦されたM様。総合力が試される耐久で見事クラス優勝!!総合でも8位という活躍!!マシンは'13 690DUKE Rです。



JD STER DRAGRACEではジェーソンフーリントン選手。オープンクラスで年間チャンピオンです(*^_^*)マシンは1190 RC8です。

もちろんその他にも沢山の方が出場されています。このように沢山のカテゴリーでご活躍されるのもKTMのカテゴリーの広さなのかもしれません。

今回は優勝された方を紹介させていただきました。でもレースといっても、やはり楽しまれなくてはダメですよね!初めてレースにエントリーされた方も沢山いらっしゃいました。女性でJNCC爺ヶ岳に挑んだ方もいらっしゃいました!

優勝というか楽しんだ方が勝者だと思います。当店としても楽しんでオートバイを遊んでいただけるよう、もっともっとよりよいお店作りを目指して頑張ります!皆様も今後とも宜しくお願いいたします!

nyunoya

2013年11月9日土曜日

ちょっとだけ走ってきました。

久しぶりの更新となってしまいました。。
本当に今年は忙しい年だな~と痛感します。KTMの認知度が相当に上がっていて、沢山の方にお問合わせやご来店をいただいています。

そんな忙しい時期ですが、お客様に「ちょっと走りに行かない??」なんて甘い誘惑に負けてしまい、半休を使い、茨城県にある「トミンモーターランド」で遊んできました。

クラブハウスはサーキットでも珍しいログハウスでとても綺麗な施設でした。

ミニコースではありますが690DUKEでも充分楽しめるサーキットでしたよ(*^_^*)


見ての通りの快晴なポカポカ陽気な一日でした。早朝サーキットの日差しってなんか清々しいですよね!!

今回は690DUKEユーザー様と僕も690DUKEと同じ車両(年式は違いましたが・・・)

早速走り始めます。まずは体慣らしと、僕は初の走行(トミンのコースを)だったのと、ゆっくりとコース下見がてらと、もうかれこれ何年も真面目に走ってないサーキットなので錆びれた体をほぐしていきます。

ちょっと走っては日向で休憩。まぁ10分走って30~40分休みながら談笑と緩い平日な遊びですね!

走り慣れてくると「もう少しいけるかな?」な~んて欲が出てきます。これが危ないのですよね(笑)

今回は2台同じ690DUKEなのでお客様と「あ~でもない、こ~でもない」と2台で違うセッティングを試し、車両も取り換えながら乗りやすい仕様を探していきます!

また「あれがこ~だね。あ~だね」と30~40分、休憩。もっと走れよ!と言いたくなるくらいダラダラしてましたが、これが楽しんですよね(笑)

ある程度満足のいくセットもみつかり、車体に安心感が出てきたのでちょっとだけ攻め込んでみます。

・・・・

・・・・

・・・・

やっぱり楽しい。。。トミンは690DUKEだとホームストレートで3速に入りますが全コーナーは2速固定でした。でも僕の錆びれた体には充分すぎるリハビリなのと、速度も低いのでリスクも低く、最高の練習になりましたよ!!690DUKEでも充分楽しめるトミンモーターランド。125,200,390DUKEは最高でしょうね(*^_^*)

このブログを見て「あ~行ってみたい!」なんて思った方は丹生谷(にゅうのや)まで連絡下さいね!

是非一緒に行きましょう!!しかしホントに楽しい時間を過ごせました。


写真はお約束のピンボケ。。。。一緒に遊んでくれた方、実は元全日本ライダーの690DUKE乗りの方なのでした(*^_^*)

nyunoya